盆栽について調べてたら、「盆栽村」という言葉が、、、早速、検索、、
居ても立っても、、いられず、、とは、大袈裟ですが、
先日、埼玉県大宮にある「盆栽村」へ行ってきました。

我が家から、1時間少し。さいたま市大宮「盆栽美術館」目指して。
ナビ案内してもらってたら、
IMG_6185.jpg 
発見。駐車場、トイレもあり、無料で駐車できます。
(トイレに行きたくて我慢できなくて、トイレ休憩で寄ったのですが、ここから美術館まですぐ近くということで、そのまま駐車させていただきました)
IMG_6187.jpg 
こんな看板があるので、分かりやすい!
IMG_6188.jpg 
歩いて五分で、有名な?「盆栽美術館」到着!
入館料300円。
IMG_6189.jpg 
音声ガイドの機械(この変な電話のようなもの)レンタル300円
(先日、箱根のポーラ美術館で千代さんが借りて良かった〜と言ってたので、私も、借りてみました。)
携帯電話形式なので、これを手で持って、耳に当てて聞かないといけないという面倒さ(ポーラ美術館では、イヤホーン形式)もありましたが、盆栽初心者の私には、すごく勉強になって、感激もの!
すごく丁寧な解説、お薦めします。
観覧者、10人弱いましたが、私しか使ってなかったです。が、、。
まぁ〜〜〜〜立派な、立派な〜〜〜〜盆栽の数々。
素人、盆栽初心者の私にも、、、、良さは、わかる! くらい、素晴らしい盆栽!
写真は、決められたスペースのみ。
IMG_6192.jpg 
直幹(四方八方に大地にしっかりと根を張り、一本の幹がまっすぐに立ち上がってる樹形)のスギ。
IMG_6194.jpg 
堂々としてる「五葉松」
IMG_6195.jpg 
根元だけ見ても、感動します。
模様木(盆栽では、幹や枝が前後左右に曲がった様を模様と呼び、曲線美を楽しみます。素材の自然な立ち上がりや曲がりを生かして、針金形成や剪定で造形的に仕上げていきます)
私が、盆栽理想とする「育て方」ですが、、、、、これは、、難しそう〜〜です。
他にも、、、
IMG_6196-1.jpg 


IMG_6193.jpg 
まぁ〜〜素晴らしい雑木類の盆栽も。

IMG_6198.jpg 
幹が半分枯れたような、、年月を感じさせてくれる趣のあるのは「シンパク」という木。
クロマツ、五葉松、シンパクは、松柏類の御三家として人気だそうです。
枯れたように見える部分「ジンシャリ」が、素敵です。
「ジンシャリ」とは、歳月を経た松柏盆栽の一部が枯れて、そのままの形を残すことがあります。
枝は「ジン」、幹の部分は「シャリ」と、呼ばれる盆栽の見所の一つです。
これは、自然にできることもありますが、手入れして、作ることが可能だと。
〜〜〜〜やってみたい〜〜〜が、、、まだ、夢の夢、、
まぁ〜〜〜奥深い〜〜
IMG_6199.jpg 
上の「007」はガイドナンバー、、、音声ガイド音声ガイドに打ち込んで解説を聞きます。
シンパクという木の種類。この盆栽には「名」がついてて、「寿雲」
まぁ〜〜何回も言いますが、立派。
「大隈重信から寄贈」「岸本総理」などの、、、先人の盆栽も、、。
立派です〜〜〜

盆栽にも流行り、、というのがあって(人間の)。最近は、この心拍が、一番人気だそうです。
(この前までは、さつきだったみたいです)

他にも、盆栽の歴史、室内での飾り方、、など、、など、、。
約1時間の鑑賞、、良かったです!
今の時期は、葉が落ちて、樹形は見れますが、、、やはり、、、葉っぱが茂った姿も、、。
また、4月くらいの新芽の時期に、、と思ってます。

この後、近くの盆栽園も、見学に。(またブログで報告します)










2016.12.16